エニグラム私もやってみました(^^)

FBでいろんな方がやっておられたので私もやってみました!
ストレートな物言いで引っ込み事案気味ってちょっと笑えるな(笑)気質的にはストレートだと自分でも思いますね。直球勝負なんで(笑)

でも、ほんとに職場とか集団の中では自分の意見は意見で持っていてもあまり自分を主張することはないですねー。

ちょっと言ってみて相手が聞く気なさそうだったらすぐ引いてしまいます。その結果うまく行けば、おっ、そのやり方でも行くんだ♪と思いますし、うまく行かなかったら、そっか、やっぱりそうなるよなぁと思って終わりだったり・・・

自分自身は凄くアツイ人間だと思うのですが、昔に比べて抑揚がない瞬間も増えました・・・(笑)

でも、自分でやってる仕事に関してはちゃんと自分で決めないとなって最近、思います。思ってはいるんですけどね!(笑)相手の主張がとても強いと、そんなに言うには意味があるのか?とか、もしかして、そのやり方でもうまく行くのかな?と、思ったりして、私がお金出す立場であったとしても(業者さんとかね)そんなに言うんだったらそれで行きますか!と言って、任せてみたりもするんですが、やっぱり結果は出なかったとかなっちゃうと、まぁ、そういう場合は、次からお願いしないですけどね(^^;)

際限なく同じことの繰り返しになっちゃいそうなんでね(^^;)結果がすべてだとは思いませんが、結果というのはひとつの指針にはなりますよね。

以前は合理的、合理主義の意味がよくわかってなかったんですが、自分自身が最近、5番に移行してるんでなんだか急にわかるようになりました(*^^*)

最近、須藤元気くん(エニアグラム5番)のYouTubeをよく見てたり、5番っぽい方とお話する機会が増えたのですが、うん、やっぱり、私はここまで合理的じゃないなと思ったりします(笑)5番の人の合理主義は度合いが違うな。ホリエモンは5番?3番?

やっぱり、私は6番!!ですね。それが、5番に移行中~という感じ(^^)♪でも、最近は5番っぽい方が続々と私の周り現れて、おもしろいです!(^^)!そして、コミュニケーションがすごくスムーズで楽!でも、6番の人達の真面目さも私は大好きですよ!保守的と言われるかもしれないけど、信用できる人が好きです。

合理的と効率的の違いが最近、よくわかるようになりました。合理的と効率的というのは意味合いが違いますね(←当たり前のことばかり言っててすみません笑)

感情を受け止めてくれず、冷たい と書かれてますが・・・(>▽<)↑
これも5番の性質のなせる技かと(←決して冷たいわけじゃないですよ!やさしいですよ!笑)

でも、以前、ブログでご紹介した私自身の体験談の中で、恐れという感情が激減してると実感している、ということ書いたのですが、感情ってね、変わって行きますからね。

でも、もちろん存在しないわけではないんですよ。怒りや、悲しみ、恐れ、傲慢、懐疑などなど、それぞれのエニアグラムパターンによって顕著に出てくるものもあるかと思いますが、それらは変わって行くし、消えて行きます。

だから、感情は私ではない。(じゃあ、私って何?って思うと思うんですが、そんな話もいつかできたらいいな^^)感情が変わって行ったり、消えて行っても“私”は変わらず存在するわけだから“私”は感情ではないんです。

という風に思うようになっているのでね(^^)

もしも例えば、あなたに、苦しい感情があったとして、なんでこんな風に自分は思ってしまうんだろうとか、どうせ私はこうなんだとか、この感情をなんとかしたいとか、こんな私を受け止めて!と思っていたとしても、それは消えて行くものだから、感情=あなたではないから、安心して下さいね♡という前提があります。

たぶん、自分に対しても相手に対してもそう思って見てます。ぜんぜん問題ありません!大丈夫です!!(←9番も出てきました!笑)(大丈夫!!というのは前向きに考えるという意味でもないんですよね~~~大丈夫はただ大丈夫なだけですからね!←そろそろ言葉の説明しつこい?笑)

それを冷たいと言われてしまうとそうなのかもしれませんが・・・♪

自分のエニグラムの診断結果をエニアグラムで分析してしまうという分析癖★笑

We are all one~私達は一体~ 須藤元気引退試合

観てましたーーー!!!
当時から格闘技とか、よくわかってなかったけど、見てましたよ(@v@)
前年の山本キッドさんとの試合とかも、観てましたよねー★格闘家らしからぬ、最後のマイクパフォーマンス聞いて下さいね!

改めて、格闘技好きの旦那さんにも一緒に見てもらって、客観的な意見をもらおうと思いまして、「どう思う?」と聞きましたところ、
「うーーーん、トリッキーと言うよりはこの流れは、どちらかというと基本通りだと思うけどね。石沢常光が桜庭に決めた三角絞めも下からこのやり方で決めてるんだけどね、DVD持ってるけど見てみる?東京ドームのね、第一試合からかなり盛り上がったんだよね~~~」

うん、DVDも見るけど、ちょっと気になることがあるから、ちょっと待ってね(^^)
そう、ちょっと気になることがあるです。

まぁ、なんの根拠もないんですけどね、ちょっと書いてみてもいいですかねーーー♪

次回へ続く(^^)/

We are all one ~私達は一体~ プロローグ

こんにちは!兵庫県の日本海側、但馬地方より発信しております、山眞ブログの小嶋です(^▽^)
DSC02812
今日は『We are all one ~私達は一体~ プロローグ』と題しまして、書きすすめて参りたいと思いまーす♪

須藤元気著【風の谷のあの人と結婚する方法】の中の一節に

この世に『たまたま』などありません。
すべてが必然。
すべてがつながっています。
ユングが提唱した<意味ある偶然の一致>ーーーシンクロニシティと呼ばれるものも、
この延長線上にあります。
ブラジルで一匹の蝶が羽ばたくと、その微妙な空気の振動が原因となって、
遠く北半球のアラスカで猛吹雪が起こる可能性があるという例え話がありますが、
あれに似ています。

とあるんですが、
11
We are all oneの中において、全体はその一部で何が起こっているか知っている、その一部は全体で何が起こっているか知っている、みたいなことが書かれているのを何かの本で読んだことがありまして、(←M先生の本だったような気がして、探してみたのですがみつけられませんでした><)

その知っている、というのは、波動とか波長とか、量子力学的な意味だと思うですが、ワタクシも、最近ではそういった体験を頻繁にするようになりました!

皆さんも体験ありませんか??

例えばなんですが、このブログに度々書かせて頂いているM先生は何冊か本を出版されていまして、ワタクシ、自分がおもしろいと思った本を人にプレゼントするのが好きでM先生の本に限らず、これまでいろんな本をいろんな方に差し上げてきました。

どの本がどなたの手元に届くのか、これもご縁によるものだと思っているのですが、とかくM先生の本は人を選ぶと言いますか、
「あの人にあげようー♪」と私が思っていても、その矢先にその方と音信不通になって連絡が取れなくなったりすることがありました。

結婚前、うちの旦那さんにもM先生の本は差し上げたのですが(^^)旦那さんは今のところ、聖書の方が好きみたいですけどね(笑)
DSC02931
M先生の本は誰でも彼でも差し上げてはいけないのかもしれない、などと思っていた頃、須藤元気くんのことを知りまして、「この人ならわかるかもしれない!」と思って、当時、須藤元気くんのHPから事務所の住所をみつけてM先生の本をお送りしました。ファンからのプレゼントです(*^^*)

郵便局のエクスパックで送ったので、事務所に本が届いたことは確認したわけですが、
「読んでくれるかな~~~~♡」と思っていたちょうどその時、

月に2回、M先生から送られてくるニュースレターに須藤元気くんのことが書かれていてびっくり仰天した!!ということがありました。

当時、ハワイにお住まいのM先生(日本の芸能事情などはもちろん、格闘技なども見られることはないと思います)が,
日本の一格闘家である須藤元気くんを知っておられた!ということも驚きでしたが、本を送ってすぐのタイミングだっただけにこんなことってあるんだ!と思い、すぐにM先生直属の日本のスタッフへご報告した、ということがありました。

このように、同じグループに所属する人達やご縁のある方々というのは、いろんなことでつながっていて、一人が動くと、何も知らせてないにも関わらず他も連動して動いている、というようなことがしばしば起こるのです。

まさに、その一部のことを全体が知っているかのように!

今でも、M先生からのニュースレターには、まさに私も今、そのことに直面している!というようなことが書かれていることがよくあります。

いろんな起業家の方々のメルマガやブログを読ませて頂いていますが、「まさにそれ!!それ!それーーー!」というようなことが書いてあることもあれば、毎回、あまり興味のそそられない内容が送られてくるものもあり、(登録はずせばいいんですけどね^^一応、読んでみたりしてみたりして、笑)そういうことだよね!と都度、確認しております。

読者の皆様もきっと似たような体験、おありですよね?
まさに偶然の一致、シンクロニシティー♡

そして、今この、We are all oneの中で起こっていることは、二極化(格差社会とかね、他にもいろんな場面で対極的な現象が起こっているわけですが)であると言われていますが、その二極化の中でもネットなどの普及によりそこから更なる多様化が進んでいる状況です。

何が正しく何が正しくないというよりも、自分は何に繋がって、どうなって行きたいのか?を選べる時代なんですね。私はそこに注目しています。私の正しいはあなたにとっても正しいと言えるかどうかはわからないと思うから。

結果、何が正しく、何が正しくないかはずっと後になってみないとわからないこともあると思うのですが、自分が選択したその結果を受け取ることができるのも他ならぬ自分であるならば、そういう意味では不公平はないですよね。

ただ単に私とあなたは、行き先が違うだけなのかもしれないしね♪正しいか、正しくないのか、の論争にはあまり興味が持てなくなってしまいました(笑)
自分が被害をこうむるという場合はそうも行きませんが、そうでないならみんな自由にやったらいいよ!と思ってしまう・・・(笑)

だから、自分はこう思う!ということは言えても、あの人の言ってること、やってることが正しいか、正しくないか、ということについては、一概には言えないような気がしてきます。これだけ、多様化がすすんでいるわけですからね。

あの人の言っていることは正しいのか正しくないのかよりも、あの人は何を選んでどこへ行こうとしてるのか?自分はどうなのか?

毎日毎日、いろんな情報がいろんなところから入ってきます。FBを見ていても毎日毎日、いろんな人がいろんなことを言ってます(私も含め、笑)が、そんな風に考えるととてもシンプルです。どこへ行きたいたいかはみんなそれぞれ違うから、選べばいいんですよ。自分で♪(それを正しい、正しくないで考えるのはちょっと無理があるような気がするんですよね)今はそれが可能な時代なんです。

まぁ、それも、いつまで続くかはわかりませんけどね!
22
We are all oneについて、まだまだ書いてみたいと思っておりまーす!
お付き合い下さいませませ(^▽^)/~~~

餘部鉄橋はお鉄の聖地☆

こんにちは!兵庫県の日本海側、但馬地方より発信しております、山眞ブログの小嶋です(^▽^)

お鉄とか言ったら鉄道マニアの方々に怒られますかね?でも、ネットで検索したら「テツの聖地の1つ餘部鉄橋」とかって、書いてる人がおられたのであながち間違ってないですよね?

テツにおを付けてお鉄ってことで(*^^*)

そんなお鉄の聖地、餘部鉄橋へ♡JR時刻表 3月改正版を手にですね、ほしのさんと共にやって参りました!

もちろん、鉄道マニアのほしのさん、餘部鉄橋がほんとに鉄橋だった頃に来られたことあるそうです。(タモリさんも餘部鉄橋建て替え工事がはじまる前に餘部に来られたことあるって、笑っていいともで言われてましたね)さすが鉄道マニア!
DSC02915
餘部鉄橋の道の駅のとなりに小さな資料館がありまして、そこに餘部鉄橋の写真が販売されているのでそちらの写真を先にご紹介します(^^)V
DSC02928
上の写真が昔の餘部鉄橋です。走ってるのは懐かしのブルートレイン寝台特急出雲かな(←今はもう廃止になりましたが、ワタクシこの寝台車に乗って何度も東京へ行きました^^)下の写真が現在の餘部鉄橋で、走ってるは今話題のトワイライトエクスプレス瑞風です♪
DSC02921
一部、昔のままの鉄橋部分が残してありまして、この部分が展望台になっています。展望台ができてから、観光客増えたんですかね?上から見ておりましたところ、私達が餘部駅に滞在していた1時間くらいの間に観光バス4、5台入ってきてみんな駅まで登って来られてたんで、1日にしたら多い時で数百人来られてるんじゃないでしょうか?
DSC02916
と、鉄橋のご紹介はこれくらいで、ですね。あとはワタクシ、ほしのさんの写真を撮っておりました(笑)めちゃめちゃ楽しそうだったから(^▽^)
DSC02920
汽車が来るまでの1時間が、あっと言う間でしたからね!
ワタクシ自身もマニアっ気のあるエニアグラム5番に移行中なものですから、マニアの人達の楽しさがわかるような気がします。同調できてしまう(笑)
DSC02923
汽車が来るのをこんなにワクワクして待ってたのって子供の頃以来です!きっと!(笑)
DSC02925
汽車が来る前から撮り続けて↑汽車が通り過ぎて行ってもまだ撮ってますから!(笑)
そんなほしのさんはブログもFBもやってないので写真を公開してないんですよね。日本全国、世界各国のいい写真がいっぱいあるだろうになぁ♪

いや~~~、それにしても餘部鉄橋ってこんなに楽しいところだったんですね!!!

現在、建設中の餘部クリスタルタワーが完成したらまた遊びに来て下さるそうなので、楽しみに待ってまーす\(^o^)/ほしのさーーん!本当にありがとうございました!!

東京からのお客様~寿司nitgh in 柴山みなと前食堂 凪~

こんにちは!兵庫県の日本海側、但馬地方より発信しております、山眞ブログの小嶋です(^▽^)

GW明けに、東京から懐かしいお客様が柴山へ遊びに来て下さいました!遊びに来て下さいました、というか、京都に遊びに行く予定があると聞きつけて強引にお誘いしました(笑)

当日、城崎温泉駅までお迎えに行きまして、久々の再会を果たしましたにも関わらず、懐かしさを共有する間もなく、ほしのさんからの開口一番「遠いよ」と(笑)
東京ー京都 間の新幹線よりも京都ー城崎 間の特急に乗ってる時間の方が長いですからね(>▽<) DSC02898
そして、到着早々、いきなりこちらの写真↑のどぐろを料理して頂いてます!!(笑)

そうなんですー!何を隠そう、こちら、私が品川でアルバイトしていた時にお世話になっておりました、お寿司屋さんの板前さんのほしのさんデス☆彡

ほしのさんが来てくれるというんで、地元の魚をいろいろと仕入れてもらいまして、妹にもサポートしてもらいまして、

ほしのさんに握って頂こうということで\(^o^)/

一応、私も見よう見まねでお手伝いはしつつも・・・
13
初心者の握ったお寿司はでかくなりがち・・・(笑)
DSC02909
酢飯はうちの母の調合で合わせてもらったんですが、「我が家の酢飯は甘いですけど大丈夫ですか?」と聞いたところ「関西は甘いよね。大丈夫だよ」ということで、関西赴任も経験されてるんで、了解済みのご様子(*^^*)
DSC02913
そして、握りの数々・・・あじ、ぶり、かます、平目、赤いか、のどぐろの炙り などなどです。

同じ酢飯とネタで握ってるのに握る人によってお寿司の味がぜんぜん違う、とバイトしてる時から思っていたんですが、そのことを再認識しました(笑)
プロの握ったお寿司はやっぱりおいしいー\(^o^)/ほしのさん、長旅でお疲れのところを私のわがままを聞いて下さってほんとにありがとうございました!!!

のどぐろやドギ(正式名称はげんげ?)は東京ではあまり出回ってないようなので、珍しいものも食べてもらえてよかった!山陰地方でお馴染のドギは弱りやすく、遠いところまで流通できないそうで、もちろん食べられたことはあるそうですが、喜んでもらえました(^^)V
DSC02927
次の日は実家にて、残った魚でBBQをしたのですが、写真を忘れまして(爆)デザートタイムの写真しかありません♪

板前さんになる前は日本料理屋さんでも働かれたり、シンガポール大使館の料理人もされていた本格職人タイプのほしのさんですが、

多趣味多才でありまして、元柔道家で全国大会出場経験あり、バイクやサーフィン(←藤沢在住)模型作り、バックパッカー(←国内外、共に^^)鉄道マニア(←乗り鉄、撮り鉄、共に^^)としても活動されておりまして(今はお休みが少ないのでなかなか昔のようにはいかないそうなのですが)

次の日は餘部鉄橋を見に行き、私もかなりexciteしました!!!(笑)

次回はその模様を書いてみたいと思います(^▽^)/~~~

We are all one ~私達は一体~

ここ数日、中田祐二さんにかまけておりまして(>▽<)
当初、ブログに書こうと思っていたことが書けませんでした(笑)

こんにちは!兵庫県の日本海側、但馬地方より発信しております、山眞ブログの小嶋です(^▽^)

まぁ、それは半分ほんとなんですが!(笑)
中田祐二さんにかまけつつも、GWバタバタしつつも書いてはおりまして・・・
DSC02852
消滅可能性都市でお仕事を展開させて行くならば、私の成功があなたの成功に直結している!!というやり方がいいと思うということを少し前のブログで無邪気に書かせて頂きました(^▽^)

その実質的な方法については私の物販売上目標が達成されてから書かせて頂くことにして、今日は精神論、(?)今風にいうとマインドの部分について書いてみたいと思っています!!

まず、私とあなたの成功が同時に達成されるという状況の妨げとなる、心のパターンのひとつとして、“競争心”というものがあると思うのですが、私が思い描いている商売の展開のさせ方というのは実は、すでにやっている方はおられます。

でも、うまく行っている例とうまく行っていない例があります。なぜなのか・・・?やはり、マインドの部分で個々が自分のことや全体のことをどう考えてどう行動しているかで、結果というのはまったく異なるものになるからだと思います。
DSC02849
人には競争心というものがあるので、何を置いてもまず私の成功!!となるのは当然のことだと思います。まずは私自身が前進することが大切だと思いますし、成長するためには適度な競争心も必要だとも思っているのですが、でも、やはり、度を超えた激し過ぎる競争心の下にあるものってやっぱり、トラウマ体験なのではないかと思っておりまして。

ブログにも時々書いてるんですが、ワタクシ、性格とは幼少期に受けたであろうトラウマに対する自己防衛パターンであると思っているものですから・・・
DSC02855
競争心につきましては心理学的にも、その下にあるものは人類共通のトラウマ、エディプスコンプレックスであると言われていることを知っています。(←Wikipediaにも書かれていまして、言葉としては知っているのですが、詳しくはよくわからない・・・特にぺ○スのくだりが・・・(笑)誰かわかりやすく教えて下さる先生がいたら教えて頂きたいですー!三角関係のことを言っているのだとは思います)

動物本能的に考えても戦いに敗れることは命を脅かされることであるから、それくらいに競争に負けぬように、必死になる要素が人間の深層心理にはあるんだろうなと思っています。

エディプスコンプレックスに限らず、それぞれの幼少期のトラウマ体験もあるかと思うのですが、でも、いくら必死に頑張って競争に勝ち続けたとしても、トラウマが癒されないままではどこまでやっても満足は得られないのではないかと。とは言えご本人がそれでいいのならもちろんそれでいいのですが♪(みんな自由に生きる権利があるから^^)

エディプスコンプレックスやその他のいろんなトラウマ解消がなされていくと、違う成長ステージへ突入して行く、というようなイメージを私は持っておりまして、小さな個である私(I am)という感覚から、もっと大きな私達(We are)という感覚へと意識が広がって行くようなイメージを持っております☆彡
DSC02779
まず最初は、小さな小さな自分。から始まればいいと思うんです。
そこから、自分の家族や自分の所属するグループ、自分達の会社、自分達の地域・・・自分達の国、自分達の地球、(←自分達の地球ー♡とか言うとマイケルジャクソンが思い浮かびます★)

という風に、最初は、私だけの成功!だと捉えていたものが少しずつ広がって、私達の成功!!になって行けば、私の幸せはあなたの幸せに直結している!!という状況は不可能ではなくなると思うんですけどね!(まぁ、理想論であることには違いないですが^^)

お気づきの方もおられると思いますが、今日のブログのタイトルになっている『We are all one~私達は一体~』は須藤元気くんが格闘家時代マイクパフォーマンスの時に使っていた言葉です。

最近は、何かとお騒がせのようですが?!

以前、木村隆星さんのエニアグラムスカイプセッションを受けた時に、須藤元気はエニアグラム5番です。というお話があったのですが、格闘家時代の彼をテレビで見ていた頃、こんな礼儀正しく、冷静でちょっとマニアックでオタクっぽいこの青年が格闘家だなんて!おもしろいなー♪と思って見てたんですが、5番がいい方向に向かった状態が8番(パワー、戦い!!)だと知り、なるほど!と思いました(*^^*)

ファイトクラブのエドワードノートンみたいな、というか♪(ファイトクラブの)話の内容、ほとんど覚えていないのであくまでもイメージですが(^^)
安易な提案なのですが、オタク系のか細い男子達!(あくまでもイメージですよ^^)体を鍛えてみたらどうだろう??新しい自分に出逢えるかもよーーー★って、ちょっと話がそれましたが(笑)

パワーや戦い自体が悪なのではなく、こういう友好的な(?)やり方もあるんだなって思って見てました。パワー、戦い=暴力的な感じにはならず、トリッキーな戦術がおもしろいと思いましたし(うちの旦那さんは80年代からのプロレスファンなので須藤元気のファイトスタイルは好きではないようですが^^)格闘技のイメージが変わったと思いますよ。ファン層も広がったのではないでしょうか??

ど派手な入場パフォーマンスもそうですが、試合に勝って「We are all oneです」とか言ってる人って、おもしろくないですか??(^^)
11
須藤元気くんの本、久しぶりに読んでみたらおもしろかったです♪

こういう、ひとり静かに自分を深めている人、嫌いじゃないですー。まぁ、私自身も5番に移行中のようなので(笑)最近、私の周りに5番っぽい人が多いような気がしてます。一緒にいたり、一緒に仕事してても落ち着きますね。コミュニケーションも楽です♨自分の出してるエネルギーを引き寄せる部分もあると思うし、旦那さんもひとり聖書を読んでるような人ですし(笑)

最近のワタクシは、そういう人達と波長が合ってるようです(@v@)

『Weare all one~私達は一体~』について、もう少し書いて行きたいと思います。

LIBERTY

中田さんの動画を見まくる日々です(笑)って言うか、って言うか、前回アップしてる動画のCARNIVALの時の顔と別人でしょ?? ねッ?(笑)
言われないと気づかない人いるかもよ。同一人物だってね(^^)

話してる内容がいちいち、いちいち、興味深いですね!
オリジナリティーと懐の深さ、丁寧さ、ですかね♡楽しみが増えたよ!!!うれしーーー\(^o^)/

そして、やっぱり、おそらく中田さん、エニアグラム4番じゃなかと♪デビュー当時は4番から3番に移行中で今現在は4番から1番への移行も強く感じられてます!いいです!!いいんです!(←カビラ笑)(←もっと見て行くと印象かわるかもですが)

(ちなみに、Xのyoshikiさんもエニアグラム4番と言われてるそうなんですが、まさにまさにですね!!)

これは、LIBERTYも買っちゃうんでしょうね!!おそらく!(笑)
久々に、はまりましたね♡(笑)深いッ♨4番最高ーーー♡

CARNIVAL

なんということでしょう・・・

中田さん、か、かわいい・・・

昔の動画でしたぁ~~~♪(笑)
CARNIVALも買ってしまいました(>▽<)アマゾンで中古しかなくてめちゃ安でしたけどね!(爆)

丹生ケ峰 探検隊\(^o^)/

こんばんは!兵庫県の日本海側、但馬地方より発信しております、山眞ブログの小嶋です(^^)

少し前から今度のお休みに晴れたら地元の丹生ケ峰に久しぶりに登ってみたいと思って楽しみしていましたが、なんとか、無事晴れまして旦那さんと登ってきました\(^o^)/
DSC02817
最後に登ったのって思い返してみると小学校6年の時??5年??そのくらいだと思うので、実に20年以上前のこと・・・山道が残っているかどうかも私には定かではなかったのですが、工事(?)があったかなんかで、山道の草木が伐採されて「登り頃だよー」と、親戚のお兄様に教えてもらい、これは登らねば!!と思っていたんですー!
DSC02818
登り口のところからもう懐かしいーーー♡この小屋とか↑私達が保育園児の頃からありました。
そう!保育園児の時の遠足でも行った!丹生ケ峰♨
今では考えられない(笑)保育園児を山に登らせるなんて!(笑)親子遠足とかじゃないですよ。先生と子供達だけで登るんですよ!落ちたら危なそうなところもあるんですが、そんなの平気!(笑)
楽しかったなぁ~~~。楽しい思い出を作って頂いて先生方には感謝ですね!
DSC02819
登ったことない人にしたら何もおもしろくない写真だと思うんですが、登ったことある人ならわかっちゃう風景ーーー★
DSC02822
無駄に写真を撮り過ぎました(>▽<)でも、懐かし過ぎたーーー!!! DSC02823
途中見える美しい柴山港~位置的には柴山トンネル上辺りですね(*^^*)
DSC02824
この岩とかも見覚えありです・・・↑
DSC02825
熊に会ったらいけないから木刀を持って行こうかと真剣に言っていたうちの旦那さんだったのですが、結局持って行かなかったので、途中で拾った武器をお共にしまして・・・(笑)↑
DSC02826
このスイガラ入れも昔からあったなぁ♨3カ所くらいにありますよ(^^)
6
一応、お弁当も冷蔵庫にあるもので作ってみたんですが、ウィンナーが入ってなくて旦那さんは不服だったようです・・・(爆)ウィンナーなかったんだよなぁ~~~(>▽<) DSC02827
トイレもそのまま・・・さすがに入れなかったですが・・・
DSC02828
おたまじゃくし見たのも久しぶりーーー!写真、多すぎ(笑)
DSC02833
頂上までゆっくり登って30分くらいですね。ほんと山登り初心者には最適の山だと思います!熊やイノシシに遭遇する心配があるにはありますがね・・・
下山と当時に汽車に遭遇するというこの感じも懐かしい♡
DSC02834
そして、妹のお店でコーヒータイムして帰りました(^^)
DSC02837
楽しかったですー♡自撮りするの忘れてしまった!(爆)

山登り、思いのほか楽しかったので、次は三川山に登る!とか旦那さんは言うてましたが、三川山はけっこう過酷だった覚えがあるので、次は竹田城辺りがいいかなと思っておりまーす!!

徐々に徐々に行きましょ(^^)V笑

紫陽花

桜の次は紫陽花✿ ちょっと早いか♪ ええ歌や~

中田さん、見る度にまったく違う人に見えます。顔が別人。4番なのかな・・・(エニアグラム)という第一印象です(^^)
まだよくわからない、みつけたばかりの人・・・!アルバム買いました♡すでに解散してるとはね・・・(><)